お金の地産地消

この日曜日にゲゼル研究会東京講演というのに行ってました。
http://grsj.org/2009/04/post-58.php

それで、いろいろ地域通貨とかを実際に運用している方々のお話とかも聞いたりしてきました。

それで、思い出したのが
ちょっと前に
「インターネットが選挙を変える? ~ Internet CHANGEs election ~」
http://agilemedia.jp/blog/2009/04/424amnvol8_internet_changes_el.html
というのを聞きに行ってたのですが、そこでパネラーとして参加していた構想日本というシンクタンクがやはり地域通貨のようなイベントを企画していたのを思い出したのでここにメモしておきます。

http://www.kosonippon.org/forum/detail.php?m_forum_cd=218
4月28日のイベントでとっくのとうに終わってるんですが、一応メモ。
こちらの団体は政策シンクタンクということで、
あまりネットとかそういうのは関係なく純粋に概念としてお金のことを考えている感じです。

いろいろなところでこういう動きがあるんですね。

---------------------------------------------------------------
第141回J.I.フォーラム お金の地産地消
世の中をよくしたい想いをかなえるお金のつくりかた

 実態経済からかけ離れた金融のグローバル化や証券化は100年に一度とまでいわれる経済危機を招いてしまいました。規模とスピードを上げる金融ではない、大切なことは、地に足のついたお金の流れではないでしょうか。一人ひとりが、地域の中で、暮らしの実感のある価値観で、必要なところに必要なお金をまわしていく。自分たちの地域のために自分のお金を融通する、それが自分の暮らしや生き方に反映されるしくみでもあります。そのようなお金の出し手、受け手、つなぎ役の実践者のゲストとともに、「もうひとつの金融」を考えていきます。

---------------------------------------------------------------
ちなみに、上記のゲゼル研究会の講演で出てきた

バックミンスター・フラーの「既存の現実と闘うことではけっして物事を変えられない。何かを変えるためには既存のモデルを時代遅れにする新しいモデルを打ち立てよ」

というセリフはしびれるほどかっこいいです!

  
 

 


新しもの好き

私の人生でずーっと一貫しているものの一つに「新しもの好き」があるんだなーということを今更ながら再認識してしまった。

大学の時は、美術専攻で入学試験を受け、入学してから2日でデザイン専攻に変えることに決め、そのまま卒業までいったけど、在学中に心惹かれ続けていたのは、それと同時に現代美術とかメディアアートっぽい専攻の方だった。授業も好きでいくつか取ったり、そっちの人たちの間に混ざり込んでいるのが楽しかった。

なんで惹かれたかというと、なんか新しそうなことをやっているその気風が好きだったからだと今は思う。 まあ、アートとか作家ってもともと「誰もやったことのないことをやってやる!」というのは多かれ少なかれありますけどね。

社会人になってインターネット時代以降は、やはりインターネットの中で起こっていることにずっと興味を惹かれてきた。この中で起こっていることも、とても新しいアイデアやら現象が満載だった。

あとは、新しい技術とか起業されたビジネスとか新しいサブカルチャーにどんなことが起こっているかもとても興味を持っていた(ただし本人はその渦中の人ではないので、わくわくして見ているだけだけど)

そして、今はそれと同時に新しい社会の仕組みっぽいものにとても心惹かれている感じがする。それがありそうなものに興味を持ったり、そういう気配がすることを言っている人の本を読んだり。そんな感じ。

自分がアウトプットする活動が必ずしもその範疇に入るわけではないのだけど、どっちみち私は新しもの好きなんだよなーとかは思う。見たことがないもの、考えたことがないものを目にしたりすると、やっぱりすごい「やられたー!そうきたか!(←何が!)」とかって思ったりするし、すごい楽しい。

 

 


なんとなく解決

またまたこれの続きですが。

なんとなく解決した気がする。
ほんとにわかったそれは、私がずっと前から知っているものだったので、まあなんというか所謂青い鳥的なものなのかもしれない。

だったら、今までのこの年月はなんだったんだ!!!
というのはあるけど、いろいろと絡み合って全くほぐれなくなった心の状態でそれに対峙するのは不可能で、とにかく心を解きほぐさないとだめだった。
その解きほぐす作業をするためにこんなにも年月を使ってしまった。
浪費したと言えばそうなのかもしれないし、まあ、よい方に考えるしかない。

というわけで、そんなに目新しいものではなかったけど、
自分としてはとても安心できたというか落ちついた感じ。

死ぬまで生きる時に自分がやりたいことは大昔から決まっていたんだけど、それが思うようにできずにずっと生きてきて、とても辛かった。
まあ、それがなんとなくたぶんできるようになるので、これで死ぬまで退屈はしないで、そして絶望もしないで生きていけるのだな、と勝手な確信を持ったのです。

 

 


livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ