2003年05月

アウトプット

フランス語の授業だったのだが、やはり問題は思ったことを説明できないということである。日常会話のレベルはいいんだけど、ちょっと政治の話とか日本の女性の地位についてどうですかなんて言う話になると、ボキャブラリーや表現が全然ついていきません。よって、口数が少なくなる。まあ、話す機会がないんだから仕方がない。そういう機会があったとしても、話す内容は日常会話レベルが多いのでなかなか上達するのは難しいですね。フランスにいるときに友だちとそういう話をするけど、話として意志の疎通はできるけど、かなり稚拙な言い回しで言っているっていうのがわかる。この辺が次なる課題ですね。

ま、最初はフランス語のニュースが聞けるようになること、というインプットの事にかなりエネルギーを注いでいたので、まあ、次はアウトプットって感じなんでしょうね。

ところで、今日は台風が来ていて、お昼過ぎの新宿はものすごいことになっていた。けど、相変わらず人出は多い。みんなぜんぜんめげないのねーー。デート中とおぼしき若いカップルもいっぱい。私だったら挫けて出かけられないだろうから、みんな偉いなーー。

授業のあとラーメンを食べに行く。ずっと前から密かにやってみたかったのである。おいしいラーメン屋さん巡り。一緒に行く人がなかなかいなくて、実行する機会がなかったのです。女の友だちと会う場合はラーメン屋さんっていう流れにはならないし、男の友だちと会うときでもやっぱりゆっくり食べたいと思うとラーメン屋さんという選択にはなかなか行き着かないのです。とりあえず、ラーメン王選手権とかで優勝した人が推薦しているところに行くことにした。(ミーハーだけど) それで、フランス語の授業を受けたところから一番近いところのラーメン屋さんに行きました。「くじら軒」ってところ。新宿のMYCITYの中。

驚いたことに、くじら軒の前だけすごい人の列でした。50人くらい並んでた。うそーー、信じられない!と思ったけど、もうどこか他のところへ移動するのも嫌なので、そこで食べました。おいしかったです。お客さんの半分は20代のカップル。その他は一人で来ている人、家族連れ、年輩の方々色々。ですが、やはりお客さんの7割以上は20代以下。ラーメン文化って若者に支えられている物なんだなとつくづく感じました。ラーメン食べ歩きは密かにこれからも時々やりたいです。

ラーメンだから一人で行ったけど、普通のおいしいお店の食べ歩きは絶対一人ってあり得ませんよね。しかし、ラーメンも濃い口とうす口とかスープが選べたりするので、やはり誰かと行って、「ちょっとそのスープ味見させてーー」って言うのがベターですね。しばらくは新宿の有名なお店を食べ歩いてみようかしら。ラーメン自体はグルメ本に載っていないおいしいラーメンを探すぞ!っていう気分ではないな。だってそんなこと考え始めたらすごい食べなくちゃならなそうだから。最初は有名なところからでいいです・・・

負傷

今日はテコンドーに行ったのだが、始めて間もなく準備運動のスパーリングの段階で、相手の膝と私の脛が思い切りぶつかってしまいました。最初はちょっとぶつけただけだろうと思ったけど、全然そのあとも痛みが引かない。しかし、動けないほどでもない。だから、やっていたのですが、力は全然入らないので、師範にそんな蹴りじゃ駄目だー、と色々注意された。いや、別に負傷してなくても下手なので、単に言い訳なんですけど。。。

うーむ、今日は湿布をして寝なくては。そんなにアザにはなっていないので、見た目はそれほど問題はないのだが・・・まあ、ただの打撲ね。

相手の人は私より始めた時期が遅い人、要するにへたくそ同志である。昔はそんな打撲なんてそれほどしなかった。スパーリングをしても、怖がって当てにいけないからである。まあ、それだけ、当てにいける気分になれるようになったのは進歩。しかし、やはり下手なので、その分変なところにぶち当たってしまう。今までは攻められたら後ろに下がるしか能がなかったのだが、蹴りで応戦しようとか変な事を考えて、色々試しているうちに出す方の足を間違えて勝手にぶつけてしまったのです。

プロテクターも付けてたのに、ぶつけたときはなんだかずれていたので、それを話したら、赤帯の人がもっときつくプロテクターを付けた方がいいかもね、と言ってくれた。まあ、今まではプロテクターをゆるゆるに付けててもろくに当てに行ってないので、問題なかったって事ですね。(笑)

そのあと師範とその日来ている男性の中で一番腕が立つ(脚が立つ?)人がスパーリングをしていたのを見ていたのですが、師範は面白いようにお腹に蹴りが入るんだよねえ。どうしてそんなに簡単にそこを蹴れるのか。普通は防御されていてスキを見つけるのはまだまだ私には難しいのです。まあ、こんな素人にはまだまだわからないか。。。やっぱり宮本武蔵もそうだけど(って比べる物がすごすぎるが)スキを見つけて攻め込むって難しいなあ。とろくて、才能のない私にはまだまだ全然わかりません。

練習の合間に誰かがマトリックスの真似をしていた。今ちまたで予告編で流されている100人の敵を一気になぎ倒すシーン。まあ、やっぱりあれはフィクションだわね。(笑)

またマトリックスでのアクションシーンが見られるのだなあ。テコンドーを始めてからああいうシーンを見ると、今までは「かっこいーー!」だったのですが、最近は「あんなにプロテクターなしで打ち合ったらあざができちゃうよ~」っていうのに変わってきてます。

友人から運動前に飲むと効くアミノ酸系の銘柄を教えてもらったが、見事に忘れてしまった。それは、また次回。

野菜ジュースにはまる日々

なんか、最近は毎食野菜ジュースらしきものを飲まないと物足りなくなってきている私。味覚の好みが、甘いものが嫌いで、苦いもの辛いものが好きなので、野菜ジュースというのはおあつらえ向きの味なのですね。
今日は試しにパセリをジューサーにかけてみた。パセリは生でも好きで、いくらでも食べられるのですが、さて、ジューサーにかけてみたらどうなるか。
水分が少ないので、入れても入れてもあんまり液体が出てこない。ちょろっとたまった濃い緑の液体を飲んでみたら、うぎゃーー、やっぱり強烈ですな。
と言うことで、やはり水分を適度に確保し、味をまろやかにするためにはトマトやりんごなどを入れなければいけないのね、っていうのがわかってきました。甘さを加えるためにハチミツを入れるっていうレシピも良くあるけど、私は甘口じゃないので、甘くなくても全然平気。
野菜自体ってやっぱりおいしいんですね。別にどんな配合でもそれなりになんかおいしく飲めてしまう。そのうちセロリとかやってみようかしら。
母親はミキサー派。ミキサーの場合は細かく攪拌するだけで、繊維質を取り除かないので、微妙に出来上がりが違うのです。まあ、ミキサーでジュースを作って飲むといくらでも入るので、繊維質は死ぬほど摂取できそうですね。

停滞

うーん、ちと煮詰まり気味。テコンドーに行こうと思ったのに行かれなかったし。
5月ももうすぐ終わりです。ちょっと最近ダレ気味&煮詰まり気味なので、改善が必要だなあ。

大変なことが判明

ただいまフランス全土では年金制度改革に関連するストが色々なところで行われています。フランスってストが有名よね、なんと言ってもメトロが1ヶ月も止まったりさ、全くフランス人はなにかちょっとあればすぐストをして、満足ってものを知らないんじゃないかね、などと日本人は思っていたのですよね。特に今回は学校の先生がストを1ヶ月近くしていて、しかもフランスでは学年度末っていうのがこの時期で、学歴主義なフランスでは例えば高校を卒業した資格(バカロレア)、とか工業の教育を受けた資格(BTS)みたいな試験を受けてやっと卒業って事になるんですけど、先生達のストのおかげでその試験の実施が危ぶまれている。あとは実施されても、授業もまともに受けてないのにどうやって受かれって言うのよ、という事態が起こっているのです。

私が行っているフランス語の授業では時事ネタを取り上げることが多く、前回の授業では授業で今起こっているフランスのストを取り上げ、最後に先生が「では次回までに「日本のスト」について調べてきてくださいね。」と言われた。で、ちょろちょろっとネットで調べていたのですが、最初はなぁ~んにも出てこなかったです。まあ、ストなんて今の日本でやってるの?って感じだし。
そのうち、調べていたらなんと次のことがわかりました。

●公務員にはスト権がない。
フランスでストしている人たちの殆どが公務員や公共性の高い仕事をしている人たちだっていうのとは対照的ですね。
●ILO(国際労働機関=国連の世界の労働問題を扱うところ)に批准している国の中で公務員にスト権を与えていないのは日本だけで、ILOの以下の条約に反しているとして、日本政府はILOから勧告を受けている。
第87号条約(結社の自由及び団結権の保護に関する条約)、
第98号条約(団結権及び団体交渉権についての原則の適用に関する条約)
はあ、、、そうだったのかぁ。これは知らなかった。

で、今は公務員改革なるものを政府は進めているそうです。だけど、上記の事柄は特に盛り込まれない模様。政府もILOから勧告を受けても「前向きに善処します」みたいな感じで、のらりくらりとしているらしい。まあ、特に刑事罰とかないし、経済制裁を加えられるわけでもないし、どうとでもあしらえると言えば言える。

とはいえ、どっちかというと公務員って言えば、倒産もしないし、給与カットもそんなにないし、色々手厚いお手当もつくし、職種によっては天下り先もあるし、その上ストもできたらどうなっちゃうの!という気もしますが、本当に必要とされているのは官僚みたいなお偉方よりは上記の学校の先生や、消防士、看護婦さん、郵便局員など国民の生活を支えるために地道に働いている方々のためですよね。そうそう、学校の先生なんて、私立の学校の先生は公務員じゃないからストができるらしい。なるほどねーー

とはいえ、フランスの社会制度を知れば知るほど、日本の色々なものが遅れているのがわかってきてしまって、精神衛生上悪いですね。日本のこの状態しか知らなければ、世の中こんなもんなんだから辛くてもがまんしなくちゃ、なんて思って長時間勤務にも堪えて生きていられるけど、じつはよそ様はそんなことはない、ってことがわかっちゃうとねえ。まあ、でも、日本人の生活を向上させるために日々活動をしている方々がいて、進歩したりしている訳なのね。ってちょっと社会のことがよく分かりました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ