2004年04月

青山圭秀の「アガスティアの葉」

青山圭秀氏の「アガスティアの葉」を読み始めました。

私は木村剛に会いたいと思って、会えるものなんだろうか、でも、木村剛の会社は自分の勤め先から2kmも離れていないのかも、だからそんなに会うのは大変じゃないのかもと思い始めてから結局2ヶ月前後でご本人の顔を拝めるようになった。 http://www.myprofile.ne.jp/blog/archive/hiroette/266参照

それで、この調子で行けば会いたいなーって思った人には結構会えるもんなんだなあっていう事が分かったんです。

で青山圭秀さんにも私は会いたいんだなーと思いました。 http://www.lightfield.co.jp/aoyama/ どうも公式サイトがあるらしい。 青山さんと一緒にルルドとかモン・サン・ミシェルに行くツアーとかやってるらしい。 楽しそー。

そう言えば、フランスにも結構聖地はあるんだったよねえ。そういう観点で余り見たことはなかったけれど。

  


「理性のゆらぎ」続き

本当にこの人の文章読んでると、こっちの心まで浄化される気がしますよ。元気が出る本は沢山あったけど、浄化される気分になる本って今までであったことありませんでした。いや、たぶん、あるんだろうけど、私が関心を持っていなかったので知らなかったのだろう。でねーー、さすがに頭いいねー。私が「えーっと、えっと、こういう風に感じるんだけど、」ということがあるのですが、言語化できていないところがあってそこんとこを青山さんは非常にうまく言い当てているのです。「そうそう、そうなの!それがいいたかったのよ!」っていうポイントがたくさんありますよ。

例えば254ページ「自分のかけている色眼鏡を通して、いつもものごとを見ているのである。その眼鏡にどんな色がついているのか、それが澄んだものか濁ったものかで、同じ世界もさまざまに映るに違いない。当然ものごとを見抜く洞察力も、これに依存する」

私はたぶん今年の初めくらいに大々的にこの自分がかけている色眼鏡のかけ替えをしたんだな、と思います。それからですよ。人の顔を見てある程度の人柄や精神状態とか分かるようになったり、土地のパワーを感じたりという話を始めたのは。それまでは、そう言うことをある程度は感じていたのだが、注目はしていなかったので。
-------
2004/04/30 13:56「理性のゆらぎ」読了

確かに最近、色々自分の身の回りにシンクロにシティのような事が多く起こるようになって、何かが私の身に起こる時、それは何らかの意味を持っているみたいだ、ということが徐々に実感として感じられるようになってきていました。

理性のゆらぎ」を読み終わって一番驚いたのはあとがきに青山さんが色々なお世話になった人の名前を挙げてお礼を述べているのですが、その中の一人に今まで私が身近に接してきたある方の名前が書いてありました。その人は青山さんと繋がっているのか!私は別にその名前が出ていた方とは友だちではありません、その方は私を2年以上も前から色々な意味で私を導いてくださった人なのです。確かにその方はその筋ではなかなか有名な方なのかもしれないし、本を何冊も書いていて、図書館に行くとあー本棚にその人の本があるなーとは思っていましたが、特に興味もなく著作を読んだことは一度もありませんでした。でもOrkutの感覚だと私と青山さんは繋がっちゃうんだわ、なんて勝手に思ってちょっと驚きというか戦慄に近い感覚を覚えました。こんどその方に会ったときは青山さんの本を読んでみたと話してみようと思いました。

この方を知ったのも、本当に偶然に近い事からでした。余りにもすごすぎて本当に寒気がしました。まあ、そんなの良くある話だよと言われればそうなのですが。