2004年05月

石油価格高騰とブログ

私の混乱はたぶん世界を感じているからでしょう。

それはKfiClubの懇親会で私が見聞きした事に端をを発しているものもあります。でも、それも社会を映す一つの一面です。

色々な人の魂の色々な姿を感じます。そして、それにより社会が作られていく。私はそこを理解したいと思っているんだなーと思います。

魂の力が絡み合ってさまざまな姿を作っている。これはその姿が見えてくれば来るほど、本当にびっくりします。

そして、私の周りにいる人が無知な私に色々なことを教えてくれます。ほんと、天啓って言うくらいのメッセージ。すごすぎますよ、みなさんの叡智は。

あ、そこ、「こいつとうとう頭おかしくなった」って思わないでね。

あとは、気になるのは石油価格の高騰でしょうか。中東情勢の不安定だけじゃもう説明がつかない気がするんです。これからは。石油なんて省エネでちびちび使ったってどうせいつかはなくなるんだし、そうしたらどうなっちゃうんだろう????ナウシカの世界みたいになっちゃうのかな???

これが私たちに告げているメッセージは何か。

SNSとかブログがすごいとか言ってますが、所詮石油の上に成り立つ利益の享受に過ぎないわけです。さて、石油がなくなったら日本は大変だなああ。仮定として考えても大変ですよね。そうしたら、どうなるのかなあ、ボーイスカウトが意外にも脚光を浴びたりするのだろうか。あと、情報伝達手段は佐川急便のロゴじゃないけど、走れメロスの世界になるし、活動するにしてもフランスのレジスタンスみたいになっちゃうの???

ま、そうなればお金があってもなくても同じなのである意味平等な社会かも。
やはりなんだかボーイスカウトが有望な気がしてきたわ。

こうなる前にSNSやブログでどうにか未然に防ごうという話ですね。

これがとてもショックです

「現地病院で邦人と見られる2遺体確認」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040528-00000011-yom-int

やはりとうとう起きてしまったのか・・・。もし橋田信介さんだったらすごいショック。

こんなベテランでもやられてしまう、いまイラクはそれほど本当に日本に対してひどい状況なのでしょうか。

不肖!宮嶋の宮嶋茂樹氏は大丈夫なのでしょうか???それとも帰国されたのかな?

文春を見てみることにしよう。

このニュースは本当にすごくショックです。

今日まずかったこと

職場のNさんに私がmixiユーザーだと知られてしまったこと。なんと、この円満な家庭(だと思われる)の若いパパさんはmixiユーザーだったのだ。それを知って、早速私を探しに行くという。うーむ、ばれるのは時間の問題かも知れない。別にやましいことしてないからいいのですが、このNさんはブログに何回か登場しているのでそこら辺がばれるとちょっと恥ずかしい。

何がいやかって私の私生活が(ある程度)ばれることですか(笑)。
私の趣味とか主義、趣向がばれるのも何かバツの悪いものがある。じゃあ、知らない人には大丈夫ってところが面白い心理だなーと思う。
まあ、木村剛が好きっていうのはばれてるから、いいです(笑)。

電車男さんで考えた痴漢のこと

電車男さんの感想を書いていたら、痴漢についての部分があまりにも多くなったので独立させました。

女は痴漢についてどう思っているか

まあ、これは私個人の感想ですが、やはりああいう状況で助けられたら私だったらその人が救世主に見えますね。(そのあと付き合うかどうかは別としても。)
この場合は、運命の出会いがこういうシチュエーションだったというだけですが、それを抜きにしてこのシチュエーションで助けてもらったというので、たぶんその人の人間性に絶大な信頼を置くだろうな、と思います。それだけ、そういう事が少ないと言うことと、それだけこういうトラブルに女性が苦労しているということです。万が一、ここで助けたらもてるかもという下心で助けてくれた人がいたとしても、その下心はすぐわかるし、下心くらいでこういう事ってできなそうだから、私なんかは感動してしまうかもしれません。もし自分の友達とか同僚がこういうことをしてくれたら即惚れますね(笑)。(そこまで言うと、おいおいって感じですが(笑))

女は痴漢とか、夜道とか海外旅行とか、夜遅くのコンビニとか苦労が多いです。男性の方からは女の人からそんなつもり全然ないのに痴漢?って感じで見られて「お前みたいなブス(とかオバン)なんか痴漢するわけないだろ」という思いをされている人も多いようですが、それだけ過度な予防線を張っておかないといけないくらい女性の方はそれまでにいやな目に遭ってるって事ですかねー。

何かで読みましたが、やはり女性は感受性が敏感なので、いやな男性に触られたときの嫌悪感はその逆のケースに比べて何倍も何十倍にもなるそうです。男の人は嫌いだなって思っている女性から触られたとしても、そこまでは嫌だなって思わないらしいので職場で「セクハラした!」「してない!」という水掛け論はそこら辺から発生するそうです。

だからって、男性が女性を絶対触っちゃ駄目って事じゃなくて、性欲の捌け口(いわゆる下心)の気持ちで触ってきているのか、本当にいとおしいと思って触ってきているのかというのは女性は完璧に判断できますので、とにかく心で認識してもしてなくても下心で近づいてくるものには防衛本能を働かすということですね。だから、何が何でも駄目じゃないんですよ。電車男さんみたいに純な心で「エルメスさんが好きで、大切に思ってるんだー」と言う場合は別です。(それでも振られることはありますが、それで振られるなら諦めもつくってところでしょうか。)

痴漢は男性からも難しいらしい

ある友人(♂)が電車の中で明らかに痴漢に遭っている女の子がいたので、その痴漢に足蹴りを食らわせたそうです。そうしたら、感謝されるどころか車内の中で注目されてしまったので、喜ばれたというよりは戸惑った反応をされた(迷惑だとすら反応された?)そうです。それでとてもがっかりしたので、それからはそういう女性を見かけても助けてあげにくくなったと言っていました。そうですよねー。難しいですね。電車男さんの場合は一人じゃなかったというのも成功要因かもしれませんね。一人で助けてあげたりすると、こういう事になる可能性もある。うーむ。だからなおさら助けるのに勇気が要るってことになるよねえ。

私の経験では同僚(♂)とかなり込んでいる電車に乗っていたとき、私の隣に明らかに挙動不審の人がいて、でも込んでいるので動けなかった。一生懸命それを牽制しながら電車に揺られて、でも頑張ってその同僚と話をしたりもしました。で、何駅か過ぎてやっとドアが開いて動くことができ、その挙動不審から逃れられました。そのときに「私の隣に怪しい人がいたんだよー」って言ったら「あー、そうでしたよね。」って言われちゃったんです。「なにー?あなた気づいてたわけーー???」って思ったけど、私が一人で牽制して助けてーという雰囲気を出さなかったからただ見てたのかなー、それともこの同僚は彼女なら助けるけど、私は同僚だから助けてもらえなかったのかなーとちょっと悲しい気分になったという体験がありまして。。。

ええ、一人のときにこういう目に遭えば自分で対処しようと頑張りますが、誰かと一緒だったけどやっぱり自分ひとりで対処しないといけないのかーというところがちょっと悲しい気分をより引き立たせる出来事ではありました。

助けて欲しいと言っても、別にその挙動不審の人を殴ってくれとは言わなくて、「おまえなにしてんだよ」っていう雰囲気のガンの一つでも飛ばしてくれるだけでも(どうせ動けないんだから)嬉しいなーって思ったけど、そういうのは男の人は自分の彼女にしかしないものなのだろうなーとか思っていたのですが、どうなんでしょうね。

まあ、私も明らかに助けてというアピールをしなかったから、というのがありますのでなんとも言えませんが。どっちにしろ男性にとっても女性にとっても難しいものですよ。

抗議をする女性も増えたと言うけれど

電車の中で「あんた触ったでしょ!」「触ってないですよ」みたいな討論になっているところにも出くわしたことがあります。2回くらい見たけど、1回は明らかに黒(反論している男性の表情から判断)で女性に腕引っ張られて電車を下ろされて駅の事務室に連れて行かれた模様、もう一回のほうはちょっとわからないなーと言う感じ。こういう場合は見ていて何が一番辛いかと言うと周りの人がだまーってる事。女性に加勢するでもないし、傍観。まあ、自分もその一人だったわけですが、これは辛い。一人で「あんたやったでしょ、ちょっと降りなさいよ!」って言うのをみんなが誰も助けてくれずにじーっと見ている前でやるっていうのは弱気な私はできないです。(だから回避方法を考えることに知恵をまわすのである)

あと、明らかに痴漢!ってやつがいて(そんなに込んでる車内ではないのに・・・)、「ふざけんな」とは思って「ちょっと今何をなさってたんですか?」と言おうと思ったけど、割と色白のでも逆切れされたら怖そうな弱々しい男の人だったので言う勇気がなかったので、とにかくその人から離れました。で、回避してから「お前なにしてたんだよーー」という視線をじろじろ送ってやりました。しかし、その御仁は今度は違う近場にいた女性にまたおんなじ様な挙動を始めました。「きみは女だったら誰でもいいんだね・・・」と言うのが良くわかる行いだったし、その女性も「なんか変」って気づいていました。だから、その人と一緒になって「あなた何してたんですか!」ってやろうか、とも思ったのですが、上記の足蹴りした友達のしたような思いをする可能性もあるかも・・・って思って勇気が足りなくて、結局降りる駅に着いてしまったので降りたという事がありました。

痴漢とかを撃退するまでは、女性(少なくとも私)にとっては、これだけの心理的葛藤と膨大な勇気がいるのではないかと思います。だから助けてくれる人は救世主に見えると思います。

まあ、女性から見た電車の中で誰かを助ける人はどう見えるかというのはこんなところです。私の意見が女性の中で標準なのかどうかは判りませんが、参考にしてもらえると嬉しいです。

【関連記事】
●電車男さんの感想続き ―ネタばれ注意―
http://www.myprofile.ne.jp/blog/archive/hiroette/750

電車男さんの感想続き ―ネタばれ注意―

これ以上はまだ電車男さんの物語を完読していない人は読まないでくださいね。読み終わってからまたみに来ていただけると嬉しいです。

HPO:個人的な意見ココログ版」のひできさんのリクエストにお答えして感想を書いてみることにします。
これは運命の人と出会うきっかけが電車の中で助けたという非常に物語にばっちり出てくるようなシチュエーションだったため夢のある物語になったんでしょうね。

電車男さんの成功要因

電車男さんの物語は世の中の彼女がいない男性や、そういう初初しい恋心を忘れてしまった男性にはとてもよいものだったらしい。そして、彼女がいなくてちょっと自信なさめな男性も「こんな奇跡が起こるなら俺にももしかして・・」
という希望を与えているらしい。

で、電車男さんのようにあまり成功経験がなくなんとなく生きてきたけど、こんなことなら俺にもできるかも、と思っている方々に成功する秘訣みたいなものを私なりに考えてみたので参考にしていただけると嬉しいです。確かにただ、電車の中で女の子助けるだけじゃここまでは行かないと思うので、「こんなにうまく行くはずがない」と思っている人もなるほどと思えるような要因を書いていきたいと思います。

自己卑下していなかった

私が考える電車男さんの成功した原因の重要なポイントは「本人が自信はそんなに(ほとんど)ないけど、自己卑下はしていなかった」ってところだと思います。
「どうせ俺はもてないアキバ系だから」というセリフが心の中をよぎったことは一度足りとしてなかったのではないかと思います。彼女に電話するのにひどく緊張したり混乱したりはしていますが、徐々に自分にはスペック過多だと思われた彼女に相応しい彼に変身していけたほんとうのツボはそこだと思います。

自己卑下と自信がないは別なんだなーとしみじみとこの物語を読んで私は感じました。

それから、電車男さんの成功要因は相手がエルメスさんという電車男さんの原石のままになっている良さを感じて温かく応援し続けた結果、これだけ成長できたという部分にあります。要するにエルメスさんは男性を見た目とか職業とか年収で判断しない女性だったというのがあります。(たぶん、エルメスさんはそこまでちゃんと認識していないかもしれませんが。)
だから、相手の女性がそういう属性に惑わされる人かどうかというところが運命の分かれ目だと思います。そんなのは電車で助ける時はわからないだろうから、この点については運が分かれるところと言えそうです。ここら辺は自分の努力でどうにかなるところじゃないですねー。うーむ。

エルメスさんのスペックに合っていく電車男さん

また、電車男さんがエルメスさんが自分よりスペックが上だ、と思っているけど2ちゃんねるの人たちが「そんなことないよ」と応援するところがあります。そして、その応援の声に一生懸命耳を傾けて勇気を持って電車男さんは突き進んでいきます。この点については、将来的に全く問題がないばかりかかなり将来性のある人を選び抜く力がエルメスさんにあったと言えます。

と言うのは、特に自己卑下をしない電車男さんは応援されたり、褒められたりした場合「俺にそんなことできるわけないよ。無理無理。」とあまり思わない性格のため、万が一将来的にさんに「あなたは、できるわ。きっとできるわよ。」
と言われ続けてなんとなくその気になって社長になって大もうけしてエルメスさんを社長夫人にしてあげることができる可能性だって秘めているのです。

女の子の美醜もなかなか重要のようですが、人生後々のこと考えるとその辺も考慮して色々な人と接してみると今まで魅力を感じなかった女の子に魅力を感じるかもしれませんね。どちらにしても、自己否定さえしなければどの男性も電車男さんくらいの可能性は秘めているのですから、みなさん自信を持って欲しいなーと思うし、エルメスさんのような女性がたくさん増えたらいいなーと思います。

【関連記事】
●またまたネットのパワー?
http://www.myprofile.ne.jp/blog/archive/hiroette/730

●30代前半以降の男の人たちがオジサンにならなくていい方法
http://www.myprofile.ne.jp/blog/archive/hiroette/275

●電車男さんで考えた痴漢のこと
http://www.myprofile.ne.jp/blog/archive/hiroette/751
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ