2004年09月

世の中は2リーグか1リーグかはたまた仙台か、ですが。私の本音は。。。

世の中は野球界再編でにぎわっていますが、正直言って私の今一番の関心事は!
イチローが安打の記録をうち立てられるかどうかです!
ああーーーもう毎日毎日どきどきしちゃうよーーー

これは、かなり魂を掻き立てられてしまうのです。

正直言ってこっちの方が私にはすっっっっっごく大事です。

って、世の中の野球について真剣に考えている人に読まれたら刺されちゃうな。。
あーーーーーでもごめんなさい!!

今の私にはイチローの方が大事なのです。。。

私は本命は野茂なので(ええ、アメリカに彼が周囲の反対を押し切って渡ったときからずっとです。その年の野茂が表紙になっている大リーグ年鑑だって持ってますとも。)、今まではイチローはまあ、普通に「かっこええなー」という位だったのですが、今回のこの件に関してはかなり気になってます。やっぱりすごいわ、イチローは。

やっと復旧したようです

色々大変だった、ドリコム(旧マイプロフィール)のリニューアルですが、やっとかけるようになりました。
復旧したようですね。

と言うことで、また気を取り直して書いていきます。
書けない間mixiの中に書いて発散してました・・・

と言うことで、またよろしくお願いいたします。

順調に復旧しなかったのと、この強制3カラムで運営者のところには非難囂々だったようです。
まあ、私も困りましたが、そんなに言うのはちょっと凹んで作業する効率が落ちて復旧が長引いてもいやなので
気長に待っておりました。データ紛失があれば怒ると思いますけど。

それだって、自分ところにバックアップとって置けばいいんですからリスク回避をすればよいことです。

とりあえず、運営の方々にはお疲れさま、と言いたいです。

SF社会が近づいてきた??

Yahooでこんなニュースを見つけました。

「量子テレポーテーションに成功…東大チーム」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040923-00000301-yom-soci

きゃー、テレポーテーションですよ。テレポーテーション!
しかし、もの自体はまだ移動できないらしいです。

「量子テレポーテーションは、物質そのものは移動しない。実験は光子(光の粒)などで行われ、この粒の様々な性質を含んだ「量子力学的な情報」が、別の光子に瞬時に乗り移る。送信者の手元で情報が消え、受信者側に現れるという不思議な現象だ。」

世界初らしいです!すごいなーーー。

で、役立ちそうな分野というのは高速コンピューターや暗号技術だそうですが。なんかそのテレポーテーションの瞬間は「特殊な操作を加えて」という漠然とした表現としてしか書いてなかったけどね。(いや、ちゃんと書いてあっても私には分からないけどね。)

うーん。かっこよすぎる。シビレルーー。

でね、ここでテレポーテーションさせるときのその特殊な操作っていうのがね、テレパシーを行うときの科学的なカラクリみたいなのの真相究明に役立ったら面白いんじゃないかなーって思ったんです。もちろん、上記のテレポーテーションは人間じゃないから同じようには語れないかも知れないけど、人間がテレパシーをやるときの例えば脳の中の機能がちょっとこのテレポーテーションの操作と似ているところがあるのかなーなんて思ったわけですよね。

テレパシーだってものじゃなくて映像とか言葉という情報をテレポーテーションしているわけですからね。

そんなところ是非研究してくれたら嬉しいなあ。
でも、こういう科学研究者の方々は余りテレパシーとか興味なさそうかなあ。

自分はなにもの??

色々最近人と話す機会があって、自分はなにものなんだろう、って言うのをまたまた考える日々でした。って言うか、考えてもしょうがないからもう考えないけど。普通、人というのはそれほど自分の今の状態に違和感を感じていないものだと思う。どこそこ会社のこういう部署に勤務している自分とか、息子が二人いる母である自分とか、フリーライターである自分とかそういうことに、たぶん現状に100%満足しているわけではないだろうから、それなりの葛藤はあるとしてもその自分に対してそれほど違和感を持ったりはしないだろうと思う。その職業が自分のアイデンティティをある程度は反映したものだからだ。

それで、私は長いことそういうのがなかった。今もないんだけど。いえ、どこかに所属している自分っていうので違和感のあるものはそんなにない(サークルとか、こういう活動をしている仲間の一員だとか)のだけど、職業に関しては未だに自分が何をしているのかさっぱり分からない。だから、私は人に職業を聞かれたら、現在の社会的状況を述べはするけれど、それが私のアイデンティティなりをどのくらい説明しているかと言ったら、殆ど何も説明していないに等しいんですね。かといって、じゃあ何か仕事の外で何かしているのかと言われると別に格別の事をしているわけでもない。かといって、親となって子育てに勤しんでいるので今は活動が余りできないんです、という訳でもない。

まあ、なんとなくやりたいことはあるのですけど、それで生活できるかどうかはまた別問題だし、自分でも一体本当は自分が何をやりたいのかさっぱり分からないので、今は本当に毎日行き当たりばったりに生きておりまして(ええ、人生設計とかキャリアプランとか何歳までにいくら貯めて家を建てるとか全く私の人生には存在しておりません。)、今はそれ以外にやりようがないからしょうがないな、と腹をくくっております。だいたいあと何年したら課長くらいになれるだろう、子供もこれくらいになっていてっていうような設計ができる人たちって本当にすごいな、と思います。(とはいえ、昔よりはそういう確実性が低い世の中になってきたようですが)

昔の私ならこんな生活は不安で死にそうだったと思うけど、やっとそういう境地はなくなりましたね。
私が違和感のないアイデンティティと言えば「私は日本人である」とかくらいだろうか。「私は女である」ももしかしたら危うい??(笑)。
自分が何したいのかこのままぼーっと生きていればそのうち分かると思うんですが、今は分からないので、あまり私に職業とか聞かないでくださいね(笑)。でも、だいたいは人様に会うと(仲のいい人じゃない世間の人たちね。)みんな自分のことに忙しいので、それほど人が何していようがどうでもいいので、控えめにしていればそれほど聞かれないので助かっておりますが。

東京ディズニーリゾートおよびイクスピアリへ行ってみる

今日はひょんなことからディズニーランド近辺に行くことになった。いえ、最近はディズニーランドでは既になく、ディズニーシーとかディズニーリゾートとか言うらしいけど、私には違いがまだ良くわからん。とりあえず、幸せな家族とかカップルの行く場所なので基本的に私にはそれほど行く用事は今までなかった。
(しかし、幸せな家族やカップルになってもへそ曲がりな私は行かない可能性大・・・ごめんなさい)。

しかし、子供ってこんなにたくさんいるんだーって、こういう場所に来ると思います。あと、公園とかも。少子化、少子化って言ってるけど、これだけいるんだったらいいんじゃないかなあ、なんて思うのは甘いですか。いつもは、ビジネス街とか繁華街とか美術館、映画館とかまあそういうところにいるので、なんとなくそういうところには子供は少ないので、少子化だ!少子化だ!って言われると、そうなのか、大変だ!って単純に思ってしまうのですが。

それで、子供がいると暗い性格の私はついついその子供達の顔をチェックしてしまいます。顔がハンサムかどうかじゃないですよ。精神状態です。併せて親の方も見ちゃったりするけど。いえ、別にそんな大したことは分からないですよ。でも、極端なのはやっぱり分かるでしょ。
しかし、さすがにディズニーランドに来ているような子供達はそんなにやばそうな子はいないのだろうと思いました。やばかったら既にディズニーランドにすら連れてきてもらえてないでしょうから。

って、どうして私はこういう暗いことばっかり考えちゃうのかなあ。やっぱり、心配なんだよね。かなり大きな御世話かも知れませんが。心配なんです。子供たちが健康的に過ごせているのかどうかつい気になってしまうんです。寂しい眼をした子供とかふと見つけちゃったら、堪らないですからね。見つけたからといってどうにかできることではないのですが。いや、どうにもできないから尚更堪らないのですよね。

こういう性格は損だね。人に言わせると、人の事なんてどうでもいいじゃん、って話ですから。いえ、それは本当にごもっともだと思います。別にさすがにそういう子を見つけちゃったらそれが心配で夜眠れなくなるって事はないですが。

でも、幸いなことに私がこれだけ危惧するほどの不幸せな子や不幸せな家族はそれほどいないのでしょう。大抵はそこそこ幸せに生きているのでしょうね。私の周りの人たちを見ていてもそう思います。(別に家庭持ちの人もそうでない人もね
。)
いらん心配をしないように生きていきたいです。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ