サラリーマン控除縮小へ、増税色強まる 政府税調報告書
朝日ドットコムより
「政府税制調査会(首相の諮問機関、石弘光会長)は21日、個人所得課税の見直しに関する報告書(論点整理)を公表した。税負担を軽くする各種控除について軒並み縮小・廃止の方針を打ち出し、とりわけサラリーマンにとって増税色が濃い内容となった。」

サラリーマンはみなし控除というので3割は経費扱いになっていたけど、そういうのをやめて「経費が適切に反映されるような柔軟な仕組み」にしていこうとしているらしい。理由はサラリーマンのガラス張りの税金の精度が「『自営業者に比べ不公平』との不満を受け」たかららしい。ってサラリーマンってもともとすごい保護されていると思うけど(上記の3割もかなり手厚いらしい)、とりあえず確定申告できる範囲を広げていくと言うことらしい。

個人的にはいいんじゃないでしょうか、と思います。

あとは配偶者控除も廃止の方向だそうです。ここにも書きましたが。もう、24時間働くお父さんとそれを支える専業主婦という図式が描ける時代は終わりつつあるのかなあ、と言う感じです。私もつねづね母親とかが一生懸命この103万円とか130万円の壁を気にしながら働いているのが子供心に不思議だなあって思っていた。

基本的には全体から言うと増税になるらしい。増税ということは国の収入が増えると言うことです。国の収入が増えると言うことは国の赤字が少しは減るってことなんでしょうか?
上記の朝日の記事には「 見直し対象とした控除により、国の所得税収は05年度予算で「給与所得」が6.8兆円、「扶養」は1.7兆円、「配偶者」が0.7兆円など総額10兆円規模の減収となっている。国の年間消費税収に匹敵する。」とあるので、簡単に言えば総額10兆円は収入が増えると言うことでしょうか。

国の赤字に関しては常々解決するには「税収を増やす(=増税)か社会保障を削る以外に方法はない」というような事を良く聞いていた。最初はふむふむ、なるほど、そうなのか。そうなんだね、と納得していたけど、最近は「ちょっと待って」とも思います。本当にその二つしか方法がないのかなーーー?って思いました。かといって私はその筋の専門家でもなんでもないので、その言葉を論破できる知識や技量があるわけでもない。でも、なんとなく心情的に納得いかないのよね。介護保険なども非常に赤字を増大させる制度であるとも聞いていますが。

私は今回のこういうポリシーの増税は基本的に反対ではないです。あとはとにかく怪しいお金の使い道を減らす努力をしていただければ言うことありません。上記の「税収を増やす(=増税)か社会保障を削る以外に方法はない」について違和感を持つのはこの辺(無駄な出費とか)をすっごい努力してこれだけ減らしたから、次は社会保障も減らしていいよね?増税もしていいよね?っていうなら納得できるけど、それがなくてやられるのはやっぱり心情的には納得はいかない。

ま、政府や地方自治体も、漠然と普通に新聞とかの報道だけ見ていたらわからない努力を色々やっているのかもしれませんが、とりあえず談合はやめてほしいです。地方自治体だってたくさんやっているそうです。そこにも国からの補助金がたくさん出ているのだと思います。出費を減らすところだけを考えたら、談合をやめるだけで相当出費が減るような気がするんですけど、いかがなものでしょう?

あとは、選挙で投票していない人は今回の増税について文句をいう権利は私はないと思います。私は投票したら世の中が変えられるんだ!とまではなかなか確信するのは難しいけど少なくとも投票している限りは国や地方自治体の政治に意見を言ったり文句をつけたりする権利はあると思います。こうしてブログに色々書いていても実は投票してませんでした、なんてことはしないようにしようと思います。

関連記事: なるほどねーー知らなかった税制 [2003年06月23日(月)]