作品制作・芸術・文化

ぶたのぬいぐるみ

ぶたのぬいぐるみを作ってみました。

img20080525.jpg


これはオーガニックコットンというタオル素材で、無農薬有機栽培の綿でつくったという代物。セールスポイントとしては、薬品が使われていないので、赤ちゃんが触っても大丈夫!というベビー系の商品にかなり進出しているモノみたいです。いまはやってるのかな。

もちろん染料も自然のものを使っているので、とても優しい色の風合いです。
そして、縫う糸や中に詰める綿ももちろん同じオーガニックです!こういう商品がきっちりそろってるっていうのが徹底的ですごいですよねえ。

それから、背景は、以前につくったコットン地に西洋刺繍したものを書き割りとして使ってみました。ぜんぜん行き当たりばったりですが、色調が同じなので意外と違和感ないかも。

ぬいぐるみは、立体を理解したいので作ってるのですが、頭部が好きなようにできるようになったらかなりいいですね。顔の長さとか、丸みとか奥行きとかねえ。なかなか色々まだありそうです。

背景の刺繍の元ネタは以下の本です。

 

 


パヌルコチ(韓国語で針山)

韓国刺繍を習っているので、
そっちの方ではいくつか練習したものがあるのですが、
ここにはまだ載せてないものもあります。

今回は、パッチワークみたいなものに挑戦してみました
材料は、キットで売ってます。

img20080315.jpg


細かいところはかなり怪しいですが、
とりあえずできました。

四角を縫い合わせたあと綿を詰め、縫い閉じます。
そして、頂点のを上下に糸を通してぎゅっと引いて結んであるので
このようにくぼんでいます。

が、入れた綿の量が最初足りなくて
ふにゃふにゃだったので、足し直しました。
そのパンパンになったものに
上下に糸を通して、くぼむまで引っ張って結ぶのは
出来上がり写真をみただけではわからない大変さでした。

それとも、何かきっともっと楽な方法があるのかもしれませんが、、

まだまだネタはあるので
作り続けます。

年末年始くらいから色々道具をそろえ、材料も「これ何かに使えるかも」みたいな意味不明なものを取っておいたり、さらには、デジタルで描いていた以前の時代の画材やそのほかの道具も実家から持ってきたりしたので、ものはどんどん増えつつあります。うーん、やばい。



 

 

針フェルトでアライグマ

前回より2ヶ月空いてしまいました。 今回はアライグマです。

img20080315.jpg


結構体の動きとかの表情は好きなように作れますね。
また気が向いたら、ほかのも作ってみるかもしれませんが とりあえず針フェルトはいったんここで終了

【関連記事】針フェルトでくま [2008年01月26日(土)]

出典は下記の本のを作成しました。

 
 

 


ロックを和楽器で

なんか有名なロックの曲を三味線その他和楽器で演奏。
これはすごい。

しかもいつもの通り大まじめに演奏。
映像の最初の頃観客のざわめきが。

それに「大江戸の火消し」というすごい和風な歌詞で
思いっきり謡曲調で歌ってますが。。。

これが思った以上に違和感がない。
うーん。芸術は相通じるものがあるのか。



こっちは、和楽器をバックにWe will rock you.

ボーカルは黒人さんです。
やっぱりこれはさすがにDNAレベルでリズム感が違うんじゃないか
あと、洋楽器のオーケストラが入っているので
かなり中和はされているかも。

最後は、常磐津と黒人のボーカルのコラボレーション。
カオスです。
異文化交流って言うんでしょうかね。面白いですね。



   
 

 

針フェルトでくま

針フェルトというのをやってみました。


img20080126.jpg

要は、綿があってそれを
任意の形に丸めて、それ専用の針でつんつん刺して
綿の繊維を絡み合わせて形を固定する。

部品と部品を接続するときは
その間に綿を少し追加して
また針でつんつんして、くっつける
というものです。

なかなかこれはこれで面白いですよ。

今回のは、お手本の方はもっと
鼻が小さいのですが、
綿の量を欲張って小さな球を作れず
こんな大きな鼻になってしまいました。

まあ、なんとなくつじつまがあっていればいいか、、ということで。

羊毛フェルトという材料なのですが、
水に入れて重ね合わせて押して固定して乾かすと
布状にすることもできて
なかなか色々に扱えそうな素材です。

出典は下記の本のを作成しました。

 
 

 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ