韓国・北朝鮮

廃墟マニア垂涎の「柳京ホテル(平壌)」

平壌に柳京ホテルというのがありまして、高さ300メートル105階建て、約3000の部屋数を誇る超巨大ホテル。

20年間の年月をかけて建設されたけど、1992年にとうとう工事はストップ。それからは、北朝鮮ではこの建物の存在はなかったことにされてるらしい。

http://www.esquire.com/cm/esquire/images/11/ryugyong-hotel-lg.jpg

いやー、これはすごい。
斬新。

以前たまたま北朝鮮グッズ売ってるお店に行ったことあったんですが、向こうの雑誌とかおいてあって、表紙に向こうの政治的モニュメントみたいなのが使われているのをよく見かけたんですが、本当にこっちじゃ考えられないデザインなんですよね。

デザインが遅れてるとかおしゃれとかそういうのではなくて、
なんか異次元な感じ。それでもやはりソ連の系譜は引いているので、ああいう感覚が好きな場合は結構堪らないですね。変な人民軍が笑顔のポスターの画風とかよりずっと好きです。

コンクリートの美しさって言うんでしょうかねー。なんて言うか、言葉にうまく表せない

↓隠し撮り



それを西側?の人の感性で処理するとこうなる
やっぱり北朝鮮はインスピレーションの泉っていう側面もあるなあ、と思います。




   
 

 

韓国刺繍 修行中

何か絵を描くのに新しい画材になるんじゃないかな、と思い
韓国刺繍を習い始めたのですが、、、
休んじゃったり、なかなか時間とれなかったりして大変なのですが、

今はこんな基礎的なことをやってます。
img20071012.jpg

いやー、刺繍の中ではさほど細かい部類ではないと思うけど
なかなかきれいにいかないもんですねー

ちなみにこんなものも(いつかは)作れます
img20071012_1.jpg

これは携帯ストラップみたいなもの

とにかく自在に線が刺せることと、きれいに面を作るように刺せる
とかなり色々自分でできることが広がりそうです。

あとは、組紐みたいなのとか
ちょっとした立体を作るのとか体感で慣れたいです。
3次元に行くかどうかはわからないけど。


 

 

【ちょっと前の話ですが】北朝鮮祭りへ行ってきました

北朝鮮マニアが集うトークライブ

7月5日(火)、新宿ロフトプラスワンで行われたトークイベント 「復活!!!!北朝鮮祭り~最近の北鮮総括!」に行ってきました。

出演者は以下の通り。
出演者/全員・朝鮮労働党宣伝煽動員(^o^)/
宮塚利雄(山梨学院大学教授)
内藤陽介(切手の博物館副館長)
葉寺覚明(共産趣味者)
大月隆寛(民俗学者)
宮川 淳(レインボー通商)

http://www.piks.or.tv/index/festival.htm

いやー、面白かったですよ。
宮塚教授って顔は見たことあったけど、今回始めてどんな方か分かりました。北朝鮮系のコメンテーターと言えば早稲田の重村智計教授と双璧をなすくらいの大御所らしい。重村教授はわりかし知性派(って教授って時点ですでに知性派だということはありますが)なキャラですが、この宮塚教授ってとってもいい味だしてる方なんですねーー。知りませんでした。

っていうか、とりあえずディープなイベントですよねえ(笑)。韓国映画好きとかを韓流と言うのに対し北朝鮮の方は朝流と言うらしい(笑)。いやー、韓流と朝流では全然層が違ってるだろうなーと思いますが。

で,北朝鮮祭りとはなんぞや???と思うと思います。これは決して拉致家族をサポートしようとか、経済制裁について話し合うなどという政治色は一切ないイベントです。なんといってもトークライブですから。政治色と言うよりは北朝鮮をネタにしていろいろ面白がろうというのが主旨です。

会場のロフトプラスワンというのはライブもやるというイベントスペースで、舞台を見ながら居酒屋メニューを飲み食いできるという空間です。名前は知っていたけど今回初めて行きました。キャパは120人ということで、そんなに狭苦しくもなく大き過ぎもせず、こんなイベントには確かにピッタリな場所です。

トークの内容としては色々な北朝鮮本とかグッズをゲストが紹介してそれに突っ込みを入れたり、現在の北朝鮮の状況を語ったりというもの。
どんな人たちが来ているんだろうと思ったら、会場中央にはほんとにすごい北朝鮮マニアというか北朝鮮オタクの人たち。その他は北朝鮮関係の報道関係者がかなり来ていたそうでした。私が一緒にいた人たちも報道関係の人がいて、誰それと名刺交換なぞをしていたし、あの人は何々って本を書いたどこそこ新聞の記者さんですよって感じでしたので色々な方が来ていたみたいです。で、会場には北朝鮮の軍服を着た(コスプレ?)人もいて、コアなファンがいるんだなあ、と改めて思いました。

誘ってくれた友人が、このイベントを紹介する内容をメールで送ってきてくれたのですがその中の文章で出演者が「全員・朝鮮労働党宣伝煽動員」となっていたのです(上記URL参照)。が、ばかな私は本当に朝鮮労働党の人たちがくるんだと思って、朝鮮労働党の人たちってどんななんだろうっていうのが見たいがために行ってしまった!というのを今思い出しました(汗)。ってよく考えたら、そんな肩書きを堂々と出して日本国内にいられるわけはないので、ちょっと考えればわかることなのにあほな私です(汗)。

上記のURLには「ひさびさの「北朝鮮祭り」で盛り上がろう!日頃、韓流に押されぎみのチョソンファン・マニアが思いっきりはじけれる北朝鮮ナイト。いつも何かとお騒がせ北朝鮮を日本テレビ「北朝鮮の7日間」の宮塚利雄教授ほか出演者と参加者でウォッチングしながら総括。 場内映像、音楽、ディスプレイは朝鮮式、当日は労働を終えた朝鮮労働党員も多数来ることでしょう。」と書いてあります。
注:チョソンとは朝鮮のハングル読みだそうです。ちょっと響きがかわいいですね。

マンセー!マンセー!

それでね、上記の文中の「思いっきりはじけれる北朝鮮ナイト」ってどういう意味かわかりますか???
トークが盛り上がって面白い話が出たら、たとえばオペラを見て素晴らしい!!って時に「Bravo!!」って言うし、コンサートだとピューピューって指笛を吹いたり、はたまた歌舞伎や花火で「タマヤーーーっ!!!」とか叫んで賛辞の表現をするところが、このイベントでは「マンセー!!!マンセー!!!」って言うんです!!
面白いとすぐに「マンセー!!!」(←ああっ、半角カナで書くとさらに違う味わいが(笑))って声が飛ぶんです。
しかも両手挙げて「マンセー!!」です。まあ、マンセーって日本語の万歳のハングル読みですからそのジェスチャーは当然と言えば当然なのですが。

確かに日常生活で思いっきり「マンセー!マンセー!」なんてできる機会って日本にいたらないですからねえ。
最初はそのリアクションに正直言って引いていた私ですが、イベントの最後にはもう慣れて一緒にやっていました(笑)。いやー、面白い面白い。

ところで、それで家に帰って同居人のフランス人に「今日は北朝鮮祭りに行ってきた(Je suis allee a la fete de la coree du nord.)」と言ってみた。そうしたら「あら!それはいいことね!」と言っていた。たぶん、何か社会問題とかそういうのに関心を持つのはいいことだわ!というニュアンスであろうと思えたので、いやそうじゃなくてね、基本的には北朝鮮の色々なことを面白がるイベントだったんですよ、と言ってみたけどその意味をどのくらい理解してもらえたかはよくわからない。

自分達を批判する人たちを面白がることについて

まあ、余り具体的な説明もしなかったのでわかってもらえなくても仕方がないけど、基本的にこの手のジョークは余り通じないかもしれないと思った。それは本人がとてもまじめな思考回路を持っているというのがあるので、フランス人だからという理由はそれほど当てはまらないかもしれない。ただし、フランスで類似のイベントが行われるかどうかといったらどうなんでしょうね。基本的にフランスのジョークって他者を貶めるジョークだし、ベルギー人のやつらはこんなんだぜ、ははは!と言うのはあるけど、ベルギー人が俺らのことこう言ってるんだよ、というのを面白がるというのはそんなにないのかなあ、と思ったりする。けど、私も別にフランスに住んでいるわけではないのでその辺は聞いてみないとわからないけれど。

例えば、トークライブでは北朝鮮の小学校で使われる教科書を紹介しくれたのです。その中では日帝野郎(=日本の天皇のこと)が傲慢な振る舞いをしたり、旧日本軍みたいな服を着た日本人(らしき人)がいたいけな北朝鮮の子供に暴力をふるっているのをやっつけたり、とかそんなのばっかりですよ。宮塚教授も、この教科書を読んでいるとそのうちに「ああ、日本人ってなんてひどい奴らなんだ!!」って思うようになりますから、なんて言っていた。それで、本文中に「殺す」って表現がたくさん出てくるらしい。小学1年とか2年の教科書ですよ。情操教育とかはどうなっとんのかいな、という感じですが。。。

で、日本人の反応としては「なんだ北朝鮮のやつら、そんな風に書きやがってけしからん!」って言うのではなくて「天皇のこと日帝野郎だってー、面白いこと言うねー」とか「悪の頭目(日本人のことを指す一つの表現)だって!!」なんていう風に面白がっているわけですよね。

外国でこの手のスタイルで面白がるのってあるんでしょうか。例えば北朝鮮がアメリカのことを揶揄していて(それこそ米帝がどうのこうのとか言っていたりして)、それを見たアメリカ人が「ははあ、あいつら俺たちのことを米帝とかって言ってるよ」と面白がるイベントが果たしてアメリカで行われているか、とか。それから、パレスチナ人がユダヤ人のことを揶揄していたら、それを見たイスラエル人が「やあ、パレスチナ人のやつら、こんなこと言ってるよ、ははは」となるのかどうか。やっぱり、そんなジョークじゃ済まないような気もしますが、その辺は事情通ではないのでよくわからない。

ちなみに韓国ではこういう風に北朝鮮を揶揄するというのはあるのかな、と思ったのですがこういう北朝鮮祭りのようなノリのものはなく、将軍様のモノマネとか絶叫する北朝鮮のニュースのアナウンサーのモノマネとかその程度だそうです。

まあ、この辺はもう少し追求していきたいなと思います。

話を聞いていて面白かったのが、日本の人が北朝鮮とか中朝国境とか行って北朝鮮の人と会った時に、気を利かせて「将軍様マンセー」とかって言うと、なんかバツの悪そうなリアクションをするそうです。「そんなに別に気を遣ってくれなくていいよー」って感じなんだそうです。なるほどなー、と思いました。対外的には日本のことを嫌っていることになっているけど、北朝鮮では日本製品というのはこの上ない高品質だということで持てはやされているらしい。いくら国が作った教科書が日帝野郎とか悪の頭目だと言っても、人はやはり現実的なリアクションをするのでしょうね。そりゃあ将軍様マンセーだけじゃ腹はふくれないよね。

それで、北朝鮮マニアな日本人(ほんとに傾倒している人は除く)というのは結構いるようなのですが、最近はこうしたキッチュな国とでも言うんでしょうか、面白おかしく笑いたい国と言うのは減ってきているそうです。ロシアも民主化してしまったし、他の共産主義の国もここまで面白い国と言うのはそれほどなく、もう最後のネタか???っていうくらいなのが北朝鮮なのだそうです。

日本人からこういう風に見られていると知ったら北朝鮮の人たちは一体どう思うんだろうと思ったのですが、どうも案外と「けしからんっっ」って言うよりは「やっぱ、そりゃそうでしょ。」というリアクションをするのもしれません。

大人はそれでいいけど、日帝野郎の教科書で物心ついた頃から勉強させられる北朝鮮の子供たちは一体どう感じているんでしょうね。それともある年齢になるとこれが茶番だってことに気づくんでしょうか。まあ、私たち日本人だって決して偏りのない認識を持っているわけでもないから、大したことは言えないのかもしれませんけど。

そんなこんなを考えた北朝鮮祭りの夜でした。

だからイ・ビョンホンでしょ

韓国四天王の1人と言われるイ・ビョンホンの主演映画「誰にでも秘密がある」が公開されるので報道でもイ・ビョンホンの露出が最近高いですね。

韓国の俳優で四天王と言うといわゆる冬ソナのペ・ヨンジュン、それからウォン・ビン、チャン・ドンゴン、そしてイ・ビョンホンなのですが、とりあえず日本ではまずヨン様がブレイクしたけど、みんながヨン様で騒いでいる間も「この中で一番私の好みなのは、断トツでイ・ビョンホンだよなあ」と思っていたんですよ。私はもともと香港映画マニアなので韓国映画を見始めたのはここ1年のことに過ぎず、知っている俳優の名前も四天王以外はそんなに詳しくありません。それに韓国映画を見始めてからはラブストーリーものよりはアクションものを見てたしね。

まあ、それでイ・ビョンホンはかっこいいーーと思っていたのですが、演技力もしっかりあるからすごいなあと思っていた。で、韓国俳優と言えばイ・ビョンホンでしょ、と思っていたけど巷はヨン様一色でしたよ。

正直言うとヨン様の良さが私にはわからない・・・。人は「冬ソナ」を見ればその魅力が分かるよ、と言うけど、ペ・ヨンジュン自体になんの魅力も感じない以上「冬ソナ」を見ようと言うモチベーションがどうしても上がらない。

そして、同居人のフランス人ともこの点については一致してしまった。。。「ヨンサマってみんなすごいけど、私には全然セクシーじゃないわ」と。うーん。そして、彼女もイ・ビョンホンはかっこいいって。もしかして、彼女と男の人の好みの趣味が同じなのかしらとも思ったけど彼女はラストサムライでの渡辺謙が大好きなので(私はこの場合だったらどっちかと言えば真田広之の方がいいな。)、なんとも言えませんが、ペ・ヨンジュンのよさはよくわからん、イ・ビョンホンはかっこいいということについては意見は一致しました(笑)。

みんな今はイ・ビョンホンって騒いでるけど、だからイ・ビョンホンがかっこいいよって言ってたのにー(笑)。しかし、この「誰にでも秘密がある」という映画、イ・ビョンホンに美人3姉妹が惚れるって話らしいですが、いくら魅力的って言ったってちょっとやりすぎでは・・・(笑)。しかも上記のサイトにはビョン様とかとうとう書いてありましたよ。うーん、ビョン様か、、、ちょっとビミョー。

まあ、私は基本的には韓国映画では戦争映画とか政治映画が好きなので、イ・ビョンホンの作品ではJSAとか見逃しているのでそういうイ・ビョンホンの方が興味ありますね。

と、下らない話を書いてしまいました。

【関連記事】
ペ・ヨンジュンフィーバーしてるねーー [2004年04月07日(水) ] http://blog.drecom.jp/hiroette/archive/618
私はメンクイらしい [2004年07月25日(日) ] http://blog.drecom.jp/hiroette/archive/828

 


在日の友だち

パリに滞在していたとき知り合った友だちがすっごいひさしぶりに連絡してきた。東京に来るので、会おうと言うことだ。てっきりそのままパリに住みついているのかと思ったら日本に帰ってきているみたい。

その友だちはパリで会ったときは「自分は日本にいても居心地が良くないからパリにいるんだ」というようなことを言っていた気もするのですが、そのしゃべりっぷりを聞いているとまるで君は日本人そのものだよ、という印象だったのを覚えています。

そのころは在日がなんたるかも知らず、選挙権がないとかそういうことも全然知りませんでした。今は、そういう知り合いも増えて理解も深まりましたが。その辺のことをズバリ聞くと、「日本が一番居心地がいい。日本語も通じるし、日本食が体に合う」などと言っている。

私も別に日本語が母国語な人だと思って話しているので、そんなに別に違和感を感じたことはないです。それに私は韓国とか韓国文化は個人的には好きだしね(というかどこの国の文化も興味深いものですが)。彼もいろいろな野望を持っているようだ。ちょっと電話で話しただけだけど、とっても面白かった。また会って色々話したいですね。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ